理念【福岡たかまろ 公式サイト】佐賀 参議院

福岡たかまろの理念

ハーバード大学のパットナム教授によれば、政治のパフォーマンス(革新的な立法がされる事。迅速に予算が成立すること。市民の満足度が高いこと。などなど)が向上する地域に共通するのは「市民間の信頼関係が高いこと」だそうです。

「信頼される一人の市民であり続けたい!」それが私の理念です。そのための骨太の理念として以下の3つを掲げます。

聴きます!

「さがんもんの声を国政に反映させます。」

政治の壁が高い。そんな現状を打破するために、積極的な意見収集・交換の場を持ち続けます。

例えば、陳情車を用意して、そのルートをあらかじめ広報しておくことは如何でしょう?
私はどんな些細な点でも気軽に声をかけていただける代表者になりたいのです。
これまでの「国政報告会」をもっと身近な存在にできる方策を考えます。

市民の皆様から「聴くこと」は全ての活動の基本であると確信しております。

働きます!

「日本のため、佐賀のため、生活者のために国レベルの問題に果敢にチャレンジします。」

民間企業にとって、常に効率よく働く事は当然です。
行動をともなわないで、結果が出ることはあり得ません。
今、政治家の方々の中には「評論家」が多いように感じてしまいます。私は行動します。働きます。
市民の皆様から伺ったご意見でその通りと納得した事や、自分自身の目で見て判断した事に対して、国で立法が必要ならその活動を、地方の活動が必要なら各省庁や各首長の皆様に働きかけて、とにかく動きます。

伝えます!

「地域の方々と接触をもち、政治の動きや自らの行動・考えをオープンにします。」

市民の代表である政治家には、その考えや行動をオープンにする必要があるはずです。
発言することで、行動することで、失敗することも多いかもしれません。
しかし、失敗を恐れて何もしないより、チャレンジする事が重要ではないでしょうか?
私の行動の善し悪しを判断なさるのは「地元の有権者の方々」です。
その判断を仰ぐためにも積極的な情報開示を行います。
例えば、ホームページにおいて、活動の結果を随時公開していく予定です。どうか、私の言論を監視してください。

私の成長を見ていてください!


top>>理念